Oyajisculler's blog

(おやじスカラー戸田便り)

ARVIC M60でアジアチャンピオン

1月15日(土)に開催されたAsia Rowing Virtual Indoor Championships(ARVIC)に出場しました。
出場種目はMasters 60-64 Men 2000mです。
結果は7:01.6で優勝しました。

元々は1/16(日)に開催予定の横浜インドアローイング大会に、60歳以上男子オープンの部で参加を予定していました。
しかし、コロナのオミクロン株蔓延の影響でこの大会が中止となってしまいました。

12月から1ヶ月以上を掛けてエルゴ大会に向けて準備してきましたので、何とか2000mTTを行いたいところ、渡りに船で、このARVICが1/15(土)に開催されるという情報を得て、エントリー最終日にバタバタとエントリーしました。

ARVICはバーチャル大会であり、エルゴマシンのモニターをPCに接続してインターネットを介して主催者のサーバーに接続してリアルタイムで競漕する大会です。
大会本部は香港。
また、本人が漕いでいることをジャッジするため、2000m競技中の選手のトライアル生映像をWebカメラを介してLive Streamingする事が必要となります。

私は自宅でトライアルしましたので、PCのネット接続に加えて、スマホWebカメラとして設置しました。
Webカメラでの撮影がキチンとできるかどうか不安もあったので、併せてGoProカメラで動画撮影もしました。

1.自宅のERGOマシンはModel-C
今大会では自宅でエルゴトレーニングに用いている1996年購入のModel-Cを使用しました。
古いマシンですが、整備をして今でも健在です。
特記すべき整備は:
1)ハンドルをModel-D用のプラスチック製ハンドルに換装
2)年1回のペースで、フライホイールケージを開放し、フラホイールに付着した綿埃などを清掃
3)モニターは最新のPM5(Model-Cのレトロフィット用)に換装
4)シートのベアリングコロを交換
という事で、漕いだ感触としてはModel-Cを25年前に購入したばかりの状態を概ねキープ出来ています。
一方で、実際に最新のModel-Dと漕いだ感触は、Model-Cは若干スコアが出にくい感触があります。
フライホイール自体はMOdel-CとDは同じものであり差は無いはずです。
しかし、実際漕いだ時にの作動音が異なります。
推察するに(1)チェーンとスプロケット&ラチェットの作動抵抗の差、(2)チェーン引き込み用のゴム紐巻き込み用のプーリーの作動抵抗が、MOdel-CとDで差があるように感じます。
イメージ的にはModel-Cでの2000m記録はModel-Dでの記録より4秒~5秒遅いタイム様な感触があります。
私は40歳代から50歳まで毎年全国MR大会に参加し、6:44~6:49の記録を出していましたが、自宅のModel-Cでは7分を切った事がありません。

2.設定したタイム目標:
私の究極目標は60歳代で2000m 7分切りを達成することです。
通常のMR大会の様に、仲間の応援付きでModel-Dのマシンでやれば7分を切る自信はあります。
でも今回は、自宅のModel-C、且つ、仲間の応援無しでのトライアルとなり、7分が切れるかどうか自身はありませんでした。
一方で、過去の全国MR大会での60歳以上の最高記録は7:03.1であり、これは絶対に切りたいところです。
以上を勘案し、以下の通り、目標設定しました。
挑戦目標: 7:00切り
必達目標: 7:03切り

3.ARVIC本番に向けた準備:
自宅で2000mを全力トライアルしますが、普通のフローリングの上にエルゴマシンを置くわけですが、静止スタートやラストスパートではマシンが床の上で滑って動いてしまいます。
そこで、今回はマシンの足裏に強力両面テープを貼って床に固定しました。これは全国MR大会の関東大会でもやっている対策で、自宅でもこの対策でERGOマシンは確り床に固定できました。
最後の準備は上述のERGOモニターをPCに接続して大会サーバーとオンライン接続することです。
これはさほど手こずりませんでしたが、スマホでLive Steamingするのに不安がありました。
結果的には両方共に問題無く出来ました。

4.本番トライアル:
本番トライアルの結果と動画は添付の通りです。
7:01.6で、必達目標はクリアできましたが、7分切りは出来ませんでした。
でも、応援無し&Model-Cでの結果であり、十分に満足です。
余談ながら、自宅での2000mトライアルとしては過去最高タイムです。

ARVIC主催者のライブ動画(氏家のレースの様子)
https://www.youtube.com/watch?v=dyMLztGXiOg&t=14657s

GoProで撮影した2000mTTの動画(アップ、2000mTT、トライアル後の感想コメント含む)
20220115 ARVIC 2000m Race by Yuji Ujiie JPN 7m01s6
https://www.youtube.com/watch?v=H7SbZCfGOrQ


さて、今回、アジアチャンピオンを取れましたが、60歳以上での7分切りは達成できませんでした。
そこで、2月末に開催されるWorld Indoor Rowing Championships (WRICH)に参加して、再度7分切りにトライしようと思います。
私の25年物のModel-Cでは7分切りが厳しいので、WRICHでは、知人からModel-Dをお借りしてトライしようと思います。
もし、7分切りが達成できたら、自宅のマシンを老朽更新してModel-Dに買い換えようかと考えています。
実際、今後のIndoor Rowing大会は、オンラインでのVirtual大会化されることが進んでゆくように思われます。

以上

ARVIC M60+ 2000m Race記録とレース中GoPro動画

f:id:oyajisculler:20220115225738j:plain

本日のARVIC 2000m Raceの様子をGoProで撮影した動画をYoutubeにアップしました。
レース直前のアップから撮影し、Race中、そしてレース後のコメントまで入っています。
興味のある方はご覧下さい。

20220115 ARVIC 2000m Race by Yuji Ujiie JPN 7m01s6
https://www.youtube.com/watch?v=H7SbZCfGOrQ

ARVICの公式Live動画はこちらです:
私が参加したM60のレースの様子は:4:03:42~4:08:45辺りで見る事ができます。
また、レース後のコメントは:4:08:45~4:10:40。私は名前を挙げられてお褒めのコメントを頂きました。(^o^)
LIVE! 2022 Asian Rowing Virtual Indoor Championships @ 15 JAN 2022 at HKT 13:55 (GMT+8)
https://www.youtube.com/watch?v=dyMLztGXiOg

戸田ロングレースの結果と動画

1月9日(日)の午後、戸田コースで開催された戸田ロングレース(1500m往復の3000mレース)に参加しました。
このレースに向けて、12月にレースシミュレーション(1500m x 2)を3回行いました。
1回目:前半SR24、後半SR26+ラストスパート@荒川
2回目:前半SR26、後半SR28+ラストスパート@荒川
3回目:前半SR28、後半SR30+ラストスパート@戸田コース=本番と同じレートで実施

上記の通り、レース本番は前半SR28、後半SR30+ラストスパートで行いました。

昨年の戸田レガッタや横浜ボートマラソンでは、ライバルの団塊号朱雀や三菱シニアに差を付けられて負けていましたので、今回も彼らには勝てそうにないと予想していました。
即ち、優勝には手が届かないだろうと考え、練習の成果を発揮して、気持ちよく漕ぐ事を目標としました。

水上でのアップ時間が十分に取れないので、岸蹴り前にエルゴでW.Upしました。これが良かった様で、レースではいつもより長いシートレンジで漕げました。
また、昨年度のレースは平均年齢65歳のクルー編成でしたが、今回は65歳以上のメンバー2名が4X+で出漕したので、エイトは60歳以下の若手2名が入りました。
この結果、平均年齢は61.5歳とかなり若返り、水中のレンジ及びドライブが改善しました。

さて、本番レースですが、東風が1m程度と、風が穏やかで水面はフラットでした。
特に往路は軽い順風で、SR29~30でユッタリとしたリズムで気持ちよく漕げました。
折返しは、先に出た四神会がノロノロと折り返し、且つ、止まって休んだ様で、後続の団塊号と三菱を含めた3艇が折返しで渋滞していて、これに続く、我々も渋滞に巻き込まれてしまいました。折返し許容時間は100秒です。
多少強引にでも、急いで回せば良かったのですが、コックスが安全優先で行ったため、100秒を3秒オーバーしてしまいました。(体感的にもオーバーしたと感じました)

復路は軽い逆風。
レートを上げて30としたことと、前半の疲れもあり、後半は少しドライブが落ちました。
それでもラスト500mはラストスパートモードを入れて艇速改善出来ました。

ヘッドレース形式ですので、レース中に自分の順位は分かりません。
でも、練習より良い漕ぎ、艇速が出せた実感があり、初漕ぎ&今年初のレースを気持ちよく漕ぎ終える事ができました。

1.レース結果:

V3 8+のレース結果です。
淡青会エイトは予想外の好成績で2位でした。
60歳以上エイトクルーとしては、初めて?団塊号の朱雀に勝てました。
また、生タイムは11:49で、優勝した三菱シニアの11:48とは1秒差の僅差でした。
ただ、前述の通り、折り返しの渋滞で許容時間を3秒オーバーしたので、公式記録はペナルティー3秒加算の11:52でした。
今回のタイムは2019年のレース記録(12:10)より大幅改善出来ました。
タイム改善の要因は、
(1)P@F付きUT練習やGoPro撮影の乗艇動画共有による漕技改善、
(2)体力に見合ったオール長の見直し(371cm→369cm)によるリズム&タイム落ち改善、
(3)レースに向けたシミュレーション練習

2.戸田ロングレースのレース中動画:
団塊号の小森さんが1750m付近で撮影した動画をYoutubeにアップされました。
V3 8+(60歳以上エイト)の往路と復路の動画です。
SNSで転載しても良いとのことですので、ここに掲載させて頂きます。
戸田ロングレース(前半)
https://youtu.be/91mZgA7mAQM
0:00朱雀(SR34~35)、1:57 三菱(SR32.5)、 2:19淡青会(SR28.5~29)、 3:00ペンタ、 3:38四神会G、 4:12TM図南茨水会、 5:19名古屋君津連合、 5:34パルテ(男女)、 6:19RESIONAL UNIVERSITIES
戸田ロングレース(後半)
https://youtu.be/cECtn-Eiln4
0:00朱雀(SR34.5)、2:26 三菱(SR34)、四神会ミドル、 2:54淡青会(SR32.5→34.5)、 4:02ペンタ、 5:13四神会G、 6:02名古屋君津連合、 6:43パルテ(男女)、 7:31RESIONAL UNIVERSITIES、 8:16TM図南茨水会

3.淡青会エイトのレース中静止画
上記の動画から淡青会エイトの復路の1750m前後の漕ぎを静止画像で切り取ってみました。
シートレンジを大きく使い、Leg Drive(Knees Down)主体で、Softシャフトの撓りを有効に使って艇を効率よく進める漕ぎのイメージが見て取れます。
具体的には以下の点にフォーカスすること:
1)キャッチハーフのKnees Downに注力し、ボディ―スイングは余り使わない。
2)腕はエントリーやブレードリリースでのハンドル上下などブレードワークに専念し、腕で出力せず、クリーンなブレードワークに心掛ける。





以上

GoPro関連の中華製樹脂パーツ(廉価版)の寿命は2年半

2年半ほど前にGoPro Hero7を購入し、乗艇練習の自分の動画を撮影して自己研鑽しています。
よく使うカメラマウントは:

1)ネックレスマウント

2)1X艇の船尾に取付ける多軸マウント

これらはGoProカメラを購入した2019年春に購入しました。
この2年間以上、何ら問題無く使用していました。

値段は安いし、中華製でも全く問題無いと思っていました。

しかし、1)は10月上旬、2)は昨日、接続部分のボルト締めの固定部がポッキリ折れてしまいました。

使い始めてからの期間は大凡、2年半でした。

何れも必要なパーツなので早速同じ製品を直ぐに注文しました。

今回の教訓:

中華製のGoPro関連の樹脂製パーツは大凡2年半で樹脂の経年劣化で使用不能となる(要するにポッキリい折れる)という事です。

という事で、今から2年半後の2024年の3月頃に同じ製品を買い直す必要がありそうです。

以上

ERGOシート:コロの交換

ERGOシート:コロの交換

昨日、戸田のミネルバでERGOシートのコロを2個買いました。

帰宅後に早速、コロの交換を行いました。
使ったスパナ類は以下の通り:

1)3mm六角レンチ(レール後端の脚固定のボルト用)
2)11mm片口スパナ(レール後端の脚固定のナット用)
3)14mmスパナ
4)14mmソケット+ラチェットハンドル

レール後端の脚を外すと、シートがレール後端から外れます。


外したシートの下部にあるシートシャシーから14mmスパナを使って、シートコロを2個外して入れ替えました。

ERGOシートのコロにはベアリングが2個入っており、シャシーに固定する際にパイプ状のスペーサーを噛ましてボルト締めします。
これはオートバイのホイールと同じシステムです。

元ついていた古いコロは、中のベアリングとスペーサーが簡単に抜け落ちますが、新しいコロはベアリングがピッタリと嵌め込まれていて中のベアリング及びスペーサーが抜け落ちることはありませんでした。

また、コロ外形の新旧を比べると、新しいコロのレール接地面は古いコロに比べて少し幅が狭くなっています。
触った感じだと、新しいコロ(白色)は古いコロ(鼠色)に比べて材質が硬くなっている様でした。

コロは樹脂製ですので、使って行く内に少しずつ磨り減って径が小さくなります。
コロが衰耗して径が小さくなると、左右にガタツキやすくなります。
これに対応するため、ERGOのコロ固定穴は複数明いています。
1)レール下面側を押えるための小型のガイド用コロ(緑色のコロ)の取付け穴:3カ所。取付け穴を替えることで段階的に締め付けできる。このコロの固定ボルトを回すには4mmの六角レンチが必要

2)後方コロの取付け穴:2カ所。今回のコロ交換同様なので、14mmスパナが2本必要

新しいコロに交換した後、シートを取付けて、脚も取付けました。

コロ交換後に試し漕ぎしましたが、正に新品のスムーズな滑りになりました。

以上

ERGO B2 60分漕

今日は晴れて、朝から少し下がりました。
今週2回目のERGOトレーニングです。

メニューはSR18~20でのB2 60分漕です。

目処としたペースは2'04"~05"/500m、SR19辺りで行いました。

餅を食べて体重エネルギーを蓄えつつあることと、ストレッチャー高さを1穴上げてNO.2とした結果、2'03"~04"/500mのペースを割と楽にキープ出来ました。
ラスト4分からは1'59"/500, SR21辺りまで上げ、更にラスト2分から1'51"/500m, SR24、最後はラストスパートまで入れて終了。

60分の合計は14,655m, Ave.2'02.8/500m, SR21でした。
これを2000mに換算すると、7'17"となり、2000m目標の6'59"に対する出力比は88%です。

ERGO後は、自宅の庭でBBQランチしました。
ERGO大会に向けた増量も兼ね、結構沢山食べました。
 今回は、木炭点火に固形燃料を用いました。1個@33円ですが、簡単・確実・クイック(20分)で木炭がready to BBQとなります。
 点火した木炭を小型焚き火台に展開
 先ずは味付き鶏肉。キャベツサラダと共に頂きました。
 次はシャウエッセンのウィンナー。クッカーにはレトルトカレーを入れて湯煎
 カレーには食パンを炭火で焼いていれます。
 焼いた食パンを小さく千切ってボールへ。
 湯煎したカレーをパンに掛けて出来上がり。
 インスタントコーヒーもBBQだと美味しい。

そうそう、餅米100%の切り餅を早速買いました。
行ったスーパーには「サトウの切り餅」は置いていませんでしたが、餅米100%の切り餅がありましたので、それを買いました。
餅米100%の切り餅の袋には、「全国餅工業協同組合」の赤いマークが印刷されてありました。

早速、焼いて食べましたが、餅本来の味がするホンモノでした。(^o^)

以上

ERGO 250m x 12sets

横浜インドアローイング大会(横浜大会)に向けて、今日は初回の高強度トレーニングとして250m x 12sets(rest 2分)を行いました。
久々のERGO高強度トレーニングでしたので、余り頑張り過ぎないようにして行いました。

今日は曇天で風も強めでしたが、気温は割と高めで、10時の外気温は16度近くありました。
室温は18度と、昨日より2度ほど高めでした。(経験的に、室温が低い方が良いスコアが出る)
でも、北風が4m程吹いていたので、窓から風がよく吹き込み、暑さは感じませんでした。

結果は、写真に示す通り、12セットの平均で1'37.97/500mでした。
序盤4セットは無理しないペースで漕ぎ、中盤の4セットは少しレートを上げてペースアップを試みました。
しかし、ラスト4セットに入ると、脚に疲労が溜まり、ドライブが落ちてしまいました。

今日の体重はトレーニング前で77.8kgと、過去のERGO大会前の体重=81kg程度より軽くなってスタミナが落ちている様です。

横浜大会での目標タイムは60歳以上で日本初の7分切りを達成し、6'59"を出すことです。(現在61歳)

今日の250m x 12setsの平均ペース:1'37.97/500mを2000m一発に換算すると、7'03"2となります。
これは目標タイムの6'59"に対する出力比で97%となります。

初回のトレーニングとしては、まずまずではありますが、このままではNGです。
特に、今回は全力で取り組んだ訳でも無いのに、ラスト4セットで出力ダウンしたことが残念です。

そこで、先ずは以下の3つの対策をしようと思います。

1.大会までの約1ヶ月半、毎日、切り餅2個を食べ続け、良質な糖分を摂取してエネルギー源を蓄積する。
これは過去のMR大会でもやってきましたが、かなり効果がありました。
日本人は太古より餅米(赤米)を食べてきた民族であり、餅米=餅を食べると力が出ます。即ち、力餅です。
横浜大会に向けて餅を食べ続けて良質な糖分を体内に蓄積しようと思います。

2.ストレッチャー位置を1段上げる
これまで体育館用シューズを履いてトレーニングしていましたが、10年以上使い続けた結果、踵がつぶれてしまいました。
ERGOでは基本的に素足でも良いのですが、踵や甲などの皮が捲れてしまうので、保護の意味でシューズは必須です。
一方で、ソールは薄くても良いので、昨シーズンの最後から内装業者が履く内履きシューズを使っています。
このシューズは昔懐かしい学校の内履きシューズと同じでソールがペラペラで非常に薄いです。
従って、これでERGOを漕ぐと、通常のシューズより1cm程度踵が下がります。
今日は、ドライブ中、キャッチハーフで尻がシートから浮く様な感触がありました。
対策として、次回からストレッチャー高さを一穴分上げてNO.2で漕ごうと思います。
 

3.シートコロの新替
我が家で使っているERGOマシンは1996年製であり、購入時のコロのままで漕いでいます。
長年の使用でコロが経年劣化して真円度が劣化して滑りが若干ゴロゴロしています。

そこで、この際、コロを新品と交換することにしました。モノレール式のC2エルゴのコロは2個装着されています。
1個約2000円、2個ですので約4000円掛かりますが、25年も使ったので替えるのが遅かったくらいですね。

上記対策も含め、60歳以上での7分切りに向けて、本格的に取り組もうと思います。

以上