Oyajisculler's blog

(おやじスカラー戸田便り)

7月7日:相模湖の湖面を独占して1X乗艇

相模湖での平日スカル乗艇も今週で2週目に入った。
梅雨だから雨が降るのは当たり前だが、今日も雨が降り、雨が降る中、バイクで相模湖まで行った。(自宅から相模湖まで44㎞、約1時間)

平塚の自宅を出て、宮ケ瀬湖辺りまでは、バイクが煽られるほど強い南風が吹いていたが、山を越えて津久井町に下りてからは風や雨が止んだ。
また、相模湖の水上は動画を見てもわかる通り、風は穏やかで水面はフラットで非常に良いコンディションだった。
即ち、相模湖は南風はコース側面の山で遮断される様だ。
夏場、南風が吹きやすい季節は、相模湖は風が穏やかで良い水域と言えるだろう。

さて、今日も知人のシングルスカルをお借りしての乗艇練習。
先週まで名無しでしたが、今日行ったら、名前が貼り付けてあった。艇名=RHENUS。

また、オールの長さを伸縮できるAdjustableオールも届いていた。

今日は先ずはこのオールのリギング調整を実施。
オールの長さは全長284.5cm, インボード86cm、アウトボード198.5cmに調整した。
コンセプト2製のオールは定期的にメンテしないとオールが捻じれてブレードピッチが狂ってくる。
そこで、Pitch Chek(オール角度計測用架台)をお借りしてブレードピッチをチェック・修正した。
B-sideは0度で狂いはなかったが、S-sideが0.5度狂っていたので、ヤスリを使ってスリーブを切削して0度に修正した。
  B-sideオールは0度。Good!
  S-sideオールは0.5度ほど角度が狂っていた。4本標線の場合。泡が外側の線にずれると、水平からの誤差は1/100=約0.5度
ノコギリヤスリを使って、スリーブを切削してS-sideオールのブレードピッチを0度に調整

余談だが、Pitch Checkが艇庫内のどこに保管されているのか分からず、管理人さんと二人で艇庫内を探して廻り漸く発見した。これに15分ほど掛かってしまった。
だいたい、この類の計測用具は工具置き場の近くに置くべきなのだが、何故が艇庫の奥の目立たない場所に置かれていた。(もしかすると殆ど使われていないのかな?)

ということで、オールのリギング・角度調整などで1時間近く掛かってしまい、岸蹴りしたのは8時過ぎだった。

先ほど触れた通り、風が殆ど無く、鏡の様な穏やかな水面でVery Goodなコンディションでしたが、相模湖でスカルを漕いでいるのは私一人だけで、湖面を独占して17㎞ほど漕いだ。

今日はGoProカメラを船尾端に取り付けて、自分の漕ぎを撮影した。

以下、今日撮った写真と動画:

<写真>
 8時03分、岸蹴り前。
 8時16分、岸蹴り後、W.Upスタート
 9時15分、スタート地点付近にて。船尾にGoProカメラを取り付けて自分の動画を撮影
 同上
 9時50分、乗艇メニュー終了。相模湖艇庫前付近
 9時53分、ゴール付近からスタート地点方向を望む
 相模湖艇庫には艇洗浄用のバケツ・スポンジセットが無かったので、自分用の物を自宅から持ち込んだ。

以下、動画から自分の漕ぎ(静止画)を切り取り
 Forward
Entry前
 Drive Middle
Finish押し切り。この後、15cm程度のレンジを使って腕を脱力してハンドルを45度斜め下にタップダウンしてブレードリリースする。
 Release


<動画>
20200707 1X@相模湖 W Up
https://youtu.be/5DbwWkbRD9U

20200707 1X@相模湖 B1 UT 11km序盤
https://youtu.be/z_wyvAhKg84

20200707 1X@相模湖 B6 Race Pace 3+10本 x 6sets
https://youtu.be/2cpf9UBacWY

20200707 1X@相模湖 着岸&揚艇
https://youtu.be/V6o4i-t2TNM

20200707 1X@相模湖 艇・オール洗浄&艇庫納艇
https://youtu.be/w1OzmKAcr4w

以上

7/5(日)AM: 荒川で1X乗艇

毎週、日曜AMは荒川での1X乗艇の日。

梅雨で雨が降りやすい天気だが、雨具の準備をしてバイクで戸田まで行った。

CG号に風防を付けた結果、速度を上げて走行しても上体に掛かる風圧が低減されて楽に高速走行できる様になった。
この恩恵もあり、今日は自宅を4時半過ぎに出発、6時頃には戸田に到着た。
所要時間は1時間半を少し切り、バイク+下道の最短時間を更新できた。

このところ、雨が良く降るので、荒川も少し増水していた。
水が少し濁っていて、水面に少し大きめの流木が所々浮いていたりしたが、幸い、大きな流木に当たることは無かった。
天候は曇り、乗艇中は雨は降らず、気温は24度~26度程度。
湿度が高いので、気温の割に蒸し暑さはあったが、曇っていたので日光の日差しは無く、概ね快適に漕げた。

尚、増水影響で、少し流れが速く、往路は逆流でGPS SpeedCaochの表示艇速は伸びなかった。
一方、秋が瀬で折り返してからは順流に乗ってGPS SpeedCaochの表示艇速は良く伸びた。
UTはSR17で、2'15"/500mを切る速い速度が表示された。

復路のラストはいつもの通り、B6 Race Pace 10本 x 6を実施。
流れに乗って1'40"~1'45"/500mという素晴らしい艇速が表示され、気分が良くなった。

戸田からの帰りは、長期海外出張に行く長男のアパート(@大宮)に立ち寄り、部屋にカビが生えない様に窓を開放して換気をしてきた。

戸田からバイクで30分程度と比較的近い(距離は18km程度)ので、1日2乗艇する際には休憩に活用できそうだ。

<写真>
 6時30分、GoProカメラを船尾に取り付け
 W.Up No Feather Finish Work
 7時45分、秋が瀬到着
 7時47分、秋が瀬折り返し
 8時35分、揚艇
 8時48分、三菱艇庫帰着


<動画>
20200705 1X乗艇@荒川 W Up
https://youtu.be/s90CJ11_W-M

20200705 1X乗艇 B1 UT 秋が瀬→大曲
https://youtu.be/p3j-K6-iwQg

20200705 1X乗艇 B6 Race Pace 10本 x 6
https://youtu.be/j_guj_kH-qo

以上

1X乗艇:17km @相模湖

f:id:oyajisculler:20200702085441j:plain

昨日はシングルスカルのリギング・整備に2時間かけたので乗艇は2000mコース1周+αで揚艇した。

今日はリギング整備が無いので、戸田での乗艇同様、17kmを漕いだ。

リギング整備の成果があり、艇・オールの状態は概ね自艇と同じ感触で漕ぐ事ができた。

相模湖の2000mコースは、東京五輪直前合宿で利用するカナダチームの為に整備されたものであり、常時2000mコースをフルに漕ぐ事ができる。
また、相模湖は南北を山でガードされているので、強い南風(横風)が吹いても水面上は影響は微小だ。

湖面上から見えるのは周囲の山々の木々の緑であり、清々しい気分で漕ぐ事ができる。

今後は、平日の乗艇練習は、相模湖で週2回程度行う方向で考えようと思う。

以下、本日撮影した動画を添付する。

20200702 1X乗艇@相模湖 岸蹴り~W.Up
https://youtu.be/C8iX5xsK0HI

20200702 1X乗艇@相模湖:B1 UT
https://youtu.be/e6iOvdZ5ijw

20200702 1X乗艇@相模湖 Race Pace 10本
https://youtu.be/73MKUQmcTwQ

以上

相模湖でシングルスカル艇整備と試漕

本日から相模湖漕艇場の営業が再開された。
生憎、雨が降っていたが、相模湖へ行き、知人のシングルスカルをお借りして、リギング・整備をして相模湖で試漕した。
リギングに2時間近く掛かってしまったため、乗艇の方は1周少々で5kmのみ漕いで揚艇した。

今日は南風強風が吹き、本降り雨の悪天候だったが、相模湖は南風はコース両サイド山に遮断されて水上は穏やかだった。また、何故か相模湖は雨が余り降らなかった。

さて、リギング・整備だが、古い型式のEmpacher艇で種々苦労した。
特にリガーのフロントステーがリガーブロックに溶接ではなくボルト付けの形式。
加えてこのフロントステーはストレッチャー固定ボルトと連動して取り付け(伸縮機構付き)されており、ストレッチャー位置変更するとフロントステーも付け直しという型式だ。
少々難儀したが、何とか私が日頃漕いでいるリギング数値で調整できた。(ハイトに関しては、本当にギリギリ設定出来た感あり。バウサイドは18.5㎝でハイト上限ギリギリ、ストロークサイドは15.5cmでハイト下限ギリギリだ)

尚、9時前に相模湖艇庫に到着した際に、早大理工の女子スカラーが1人揚艇しているところだった。彼女に挨拶し、自己紹介したところ、私の名前を彼女は知っていた。(私のブログを読んだことがあるらしい)
コロナ対応で大学は全てオンライン講義となっている様で、自分の時間は自由に調整できるということ。
私も1人でリギングするのも寂しいので、彼女に聞き役になって貰って、リギング調整のやり方を説明しながら2時間ほど作業した。
この結果、楽しくリギング作業できた。

リギング整備後、1周ほど相模湖コースを軽く漕いだ感触:

<艇の漕ぎ味>
幅の広い安定性の良い船型で漕ぎやすかった。
1周漕いだ後に揚艇して、リギング微調整しなおしたので、明日の乗艇が楽しみ。

<相模湖コース>
相模湖は2000mコースになっているのと、平日午前中は水面が空いていて練習環境はなかなか良いので気に入った。
特に南北方向の風は湖面両サイドの山で遮断され、横風は余り吹き込みまないところがGood!

明日も相模湖で漕ごうと思う。

<写真>
 8時58分、相模湖艇庫前の様子。この時点では雨は降っていなかった。風も穏やか。
 9時05分、揚艇してきた早大理工:Y島選手と
 9時11分、知人からお借りした艇のリギング・整備スタート
 11時15分、リギング・整備を終え、出艇前のシングルスカル
 11時38分、スタート地点での折り返し時に自撮り。
 12時39分、揚艇後。リギング乗艇時の懸案だったリギングに関して揚艇後に微調整実施。


<動画>
20200701AM 1X乗艇@相模湖 復路(スタート地点からゴール方向)
https://youtu.be/GWAcKA5fJtA


参考動画:
今日、雨天だが、バイク(CG号)で相模湖まで往復。ドラレコで運転中動画を撮影したもの。確り撮影できることを確認できた。

200701 0754 CG号ドラレコ動画(宮ケ瀬湖手前~宮ケ瀬湖)
https://youtu.be/Sz-CuhrCf4o

200701 0824 CG号ドラレコ動画(相模湖漕艇場到着まで)
https://youtu.be/P74Kb01lso0

以上

20200621 シューズ換装後スカル乗艇

 10時20分、三菱艇庫から自宅へ帰る準備中の愛車CG号。

毎週日曜日は荒川でスカル乗艇しており、6/21(日)も荒川で乗艇した。
前回平日・戸田でのスカル乗艇では、自宅から戸田までバイクで往復した。

今回も雨が降らなかったのでバイクで行くことにした。(雨ならマイカー)
前夜、ネットで天気予報を確認したところ、何とか雨は降らない予想だったが、念のため雨合羽の上下を荷物カゴに入れておいた。
案の定、戸田に近づくにつれて雲行きが怪しくなり、井荻トンネルにの先当たりから雨が降り出した。幸い、カッパを持ってきていたので直ぐに着ることができた。(何事も事前準備が肝要)

戸田までのルートは、これまで、環8は井荻トンネルまでとし、その先は笹目通り・笹目橋廻りで行っていた。
今回、Googleナビの指し示す最適ルートの環8ー井荻トンネルー環8→志村坂下交差点ー国道17号(中山道)のルートで行ってみた。
井荻トンネル先の練馬トンネル(2006年完成)も非常に良く整備されていて、信号・交差点無しの立体交差が多く、こちらの方が5分ほど早く着くことが分った。
距離的にも練馬トンネル・志村坂下経由の方が笹目通り経由より1kmほど短縮出来た。

今回は、自宅から三菱艇庫まで、小型バイクの一般道路ので、1時間38分だった。(日曜日、自宅発:5時01分→三菱艇庫着:6時39分。途中、カッパを着る為のロスタイム約2分を含む)

乗艇前に2件の準備作業:

以下の通り、今日は漕ぎ出す前に2つ作業を行った。

  1. Goproカメラを船尾カンバスに取付け:自分の漕ぎを船尾から撮影するため。
  2. Rowingシューズの換装:現在使っているスカル艇”つばめ”のシューズは9年経ってボロボロになってきた。そこで会社ボート部に相談して新しいシューズと交換した。前の靴(EURO 43: 実質28cm以上)が大きすぎたので1サイズ小さい靴(EURO 42: 実質27.5cm程度)にした。

荒川での乗艇:

上記作業を終えて、三菱艇庫を出たのが7時半頃。
荒川へ行き、いつものメニューで秋が瀬往復した。
気温は20℃程度、雲があり日差しがないので、涼しいコンディションだった。
風は北北東2m程度。潮流は、大潮の下げ潮。 という事で、岸蹴り場から笹目橋の間は、風と流れが喧嘩して少し水面がチャプチャプしていた。

靴を換装したので、足が良くホールドされて漕ぎやすくなった。
また、船尾に取付けたGoproカメラで自分の動画も撮れた。

バイクで一般道路を走り、戸田まで往復して、荒川でスカル乗艇するパターンが確立したので、今後、雨の降らない天気の日を狙って、週2回程度は荒川でスカル乗艇しようと思う。

撮影した写真と動画を添付する。

<写真>
 7時05分、Goproカメラを船尾カンバスに取り付け(両面テープ(非常に強い接着力)式マウントをカンバスに貼り付けた)
 7時10分、古いシューズをストレッチャーユニットごと取り外し。右側は新しいシューズ(サイズ42)
 7時14分、靴交換後のヒール高さの変化を確認したいので、右足のみ先ず換装。写真でもわかる通り、デプスが1cm浅くなった。因みに古い靴のサイズは43、新しい靴は42。
 7時25分、靴換装後、ストレッチャーユニットを艇に取り付け。靴が小さくなりHeel Depthが1㎝浅くなった分、プレート取付穴を1穴分下げて取り付けた。(これでHeel Depthはこれまでと同じ)
 7時32分、三菱艇庫から荒川に出発。(Gopro取り付けとシューズ交換で25分程度余計に掛かった)
 9時00分、秋が瀬到着。
 9時37分、揚艇
 9時50分、三菱艇庫帰着。(荒川乗艇の時間は三菱艇庫発から三菱艇庫帰着までの総時間で2時間18分)
 10時20分、三菱艇庫から自宅へ帰る準備中の愛車CG号。

<動画>

20200621 1X@荒川 W Up
https://youtu.be/joH0p5yyDKY

20200621 1X@荒川 B1 UT (秋が瀬→大曲)
https://youtu.be/IAsEthNQUT8

20200621 1X@荒川 B6 RP 3+10本 x 6
https://youtu.be/vyNLIICIxo4

20200621 1X@荒川 陸送(荒川→戸田コース)
https://youtu.be/WTGOzOadQGE

以上

6月18日、早起きしてバイクで戸田へ

 8時30分@秋が瀬

6月に入って先週末までに4回乗艇練習した。 鶴見川で2回と荒川で2回。
確りと良い練習をするには、勝手知ったる水域の荒川と自分に合った良い艇・オールで漕げる三菱艇庫拠点の方が良い。

これまで平日2回鶴見川で漕いだのは、バイクで45㎞、1時間半程度と戸田より近いためだ。
しかし、先週は道路が事故渋滞したため、往路は1時間45分もかかった。
本当は、道路の空いている早朝に移動したいだが、鶴見川艇庫が開くのが9時なので、そうも行かない。
一方で三菱艇庫は早朝6時から艇庫が開くので、道路の空いている早朝に移動すればバイクで2時間弱で行けそうだ。但し、平塚の自宅から戸田までは走行距離70km以上と遠い。バイクのメーター距離でいうと75km。(バイクのメーターは実距離より4%~5%長めに表示される)

ということで、4時20分に起床。5時に家を出発して戸田までバイクで行った。
行程の半分は国道246号だが、5時台の246は空いていて信号も少ないため、あたかも自動車専用道路の様なスピードで巡航できた。(246は一般道路。念のため)
戸田の三菱艇庫に到着したのは6時47分。即ち、バイクで1時間50分弱で行けた。距離は75㎞(メーター読み)。往復150㎞だが、バイクの燃費はリッター50km以上走るので、往復でガソリン消費量は3リッター。ガソリン代は400円以下。(エンジンオイル交換のコストを加味しても400円程度。)
運転は大変ではあるが、バイクで何とか往復できることが確認できた。

さて、戸田往復の目的は荒川でのスカル乗艇。
今回は、荒川土手を7時半岸に蹴り、9時20分揚艇だった。

天気は曇り。
日差しが無く、気温も22度~24度程度と比較的涼しく漕ぐ事ができた。
また、このところ風の強い日が多いが、今回は風速2m以下と穏やかで、水面はフラットで漕ぎやすかった。

乗艇後、また、バイクで家に帰ったが、さすがに昼間の環八は混雑していて2時間15分ほど掛かった。それでも所用時間はJR利用とほぼ同じ。

以上の通り、戸田でのスカル乗艇は、これまでの日曜日AMに加えて、平日AMも週1回程度行おうと思う。
但し、平日はバイク往復を考えているので、雨が降らない天気の良い日が前提となる。

PS:
大山登山で脚力が鍛えられている実感があるので、今後も週1回の大山登山トレーニングは継続しようと思う。

<写真>
 7時23分、三菱艇庫出発
 7時34分、荒川で岸蹴り。水位=1.01mAP@笹目
 8時17分、大曲上流にて。Good Condition!
 8時30分、秋が瀬到着。水位=0.74mAP@笹目
8時31分、秋が瀬にて自撮り
 9時22分、着岸。水位=0.55mAP@笹目
 9時23分、自撮り@荒川土手。
 三菱重工ボート部のつばめ号(設計体重57kg~70kg)
9時25分、艇を担いで土手越えへ。


<動画>
20200618 1X乗艇@荒川:三菱艇庫→荒川岸蹴りまで
https://youtu.be/T1zcX1NbalI

20200618 1X乗艇@荒川:W Up
https://youtu.be/UsOFDPNpzwA

20200618 1X乗艇@荒川:B1 UT(秋が瀬→大曲)
https://youtu.be/UWS_asNAERM

20200618 1X乗艇@荒川:B6 Race Pace 10本 x 6sets
https://youtu.be/GBOZgmyYiT0

以上

大山登山(ヤビツ峠起点)

 山頂到着。
今日はERGOトレーニングンの日だったが、天気予報では気温が上がり暑いとの予報。
室温は30℃を越えそうで、ERGOトレーニングには不向きな天候だ。
そこで、今日はERGOトレーニングの代わりに大山登山した。

大山登山のルートは3経路ほどある。

今回は、登坂時間の最も短い上記ルート3のヤビツ峠起点のルートで登山した。

ヤビツ峠の標高は約750m、そして大山山頂の標高は約1250m。(ヤビツ峠まではバイク(CG号)で)
従い、標高差500mの登山です。距離は約2.4km。

大山山頂への登山経験は、過去2回。
初回は高校生の時:上りはルート1(だったかな?)、下りはルート2
2回目は結婚前、婚約者(今の妻)と御来光仰ぎ:上り、下りともにルート1
ということで、これまで経験のないルート3を選んだ。

大山は観光登山の名所なので、登山装備は普段着で良いとは思ったが、出来る限りの準備はした。

即ち:

  1. 靴は手持ちのシューズの中で、靴裏のグリップ力が確りしたものを選択。ヤビツ峠でバイクシューズから履き替え
  2. 上着:半袖Tシャツは転倒時に怪我をしやすいこと、また、山は虫に刺されるリスクがあるので、長そでのアンダーウェアを着用。また、日陰では風が吹くと冷える事もあるので、薄手の上着を一枚着用。暑くなったら脱いで体温調整。
  3. 飲み物:上りと山頂での昼食様に500ccのペットボトル1本。また、ヤビツ峠帰着時の水分補給用に別途500ccをバイクに保管。
  4. 山頂での昼食:サンドイッチ、おにぎり、バナナを各1個
  5. 帽子と手ぬぐい
  6. 上記を入れるための小さなリュックサック。尚、貴重品類を入れたウェストバッグもリュックに入れて背負った。
  7. バイクのリヤキャリアに荷物籠を載せ、登山用品や食料、登山用シューズなどを運搬。ヤビツ峠到着時に着替えた後、バイク用ヘルメットなど防具一式はこの籠に入れてバイクに載せておいた。

今日は下界では30℃近くまで気温が上がり暑くなったが、大山登山中は林間の日陰を歩いたこともあり、蒸し暑さは一切感じず、気持ちよく登山できた。

大山登山ルートは観光登山ルートとして良く整備されているが、やはり途中にはクサリ場が1か所あったり、石ころがゴロゴロ転がっている場所があったりした。特に下山時には足を滑らせやすいので、確りグリップ力のシューズを持参してきて正解だったと思った。

今回は、自宅を9時に出発。途中、コンビニでサンドイッチとおにぎりを購入し、ヤビツ峠に10時前に到着。
ヤビツ峠で着替えやトイレを済ませ、10時過ぎに出発。
上りは、急がず確実に1歩1歩上った。
途中、大山山頂登山を済ませて、下山してくる方々とすれ違った。殆どの方は年齢60歳代後半から70歳代半ばという感じ。また、夫婦で登山という方が多かった。
1時間10分で山頂に到着。
山頂で、持参した昼食を食べ、20分ほど滞在した後に下山へ。(今日は山頂に雲が掛かり、下界の景色を見渡す事は出来なかった)

慣れない登山だったこともあり、往路で脚に疲れが出た様で、下りの方が脚に堪えた。
従い、下りは足を滑らせない様に、ゆっくりと1歩1歩、足場を確認しながらユックリと下山した。
という事で、下りの復路は1時間丁度だった。

ヤビツ峠の駐車場で、バイク運転用に着替えをし、スポーツドリンクを飲んで帰路へ。
尚、往路のヤビツ峠到着時に、駐車場は9割方埋まってたが、13時前の帰路に着くときには、駐車場は6割程度まで減っていた。
どうも皆さん、午前中の早めの時間(8時頃かな?)に車で来て、12時前には帰路に着くというのが多い様だ。

今回の大山登山。大変楽しめた。平日だから人も少なくて良かったのだろう。
近い内に、ルート2(日向地区起点:片道2時間程度))の大山登山もやってみようと思う。

本日の登山の写真を添付:

 10時過ぎ。ヤビツ峠駐車場。バイク用品を籠に入れてバイクに載せた。これから登山開始。
 バス停から上ったところ。ここから山頂まで2.3㎞
 最初の方は、尾根伝い女坂
 ヤマボウシの花が満開
 途中、1か所だけクサリ場があった。
 ヤマツツジの花。自然の朱色がほのぼのして良い。
 石ころがゴロゴロしているところもあった。石で転倒しやすいので気を抜けない。
 11時15分。もうすぐ山頂。銅製の鳥居
 御影石の鳥居。
 石灯篭。
 山頂到着。
 阿夫利神社奥の院
 大山登山の主なルートと歩行時間
 山頂に立派なトイレ。流石観光登山のメッカ
 リュックの中身を出して昼食
 登山に使用したMoonStarのスニーカー
 ソールはこんな感じ。良くグリップ効いた。
 昼食した場所。
 昼食を終え、下山開始。大半の方々はここのベンチで昼食を食べていた。
 下山は、脚に来たが、心肺系の負荷は小さく、体が少し冷えたので、上着を着た。
 ヤビツ峠駐車場に止めたCG号。復路のバイク用防具を籠から出し、着替え準備。赤い籠は確り強度があるので、ひっくり返すと簡易ベンチになる。
 黒いのはバイク用シューズ。実は安全靴。クルブシガード様にこれを履いて運転している。

以上