Oyajisculler's blog

(おやじスカラー戸田便り)

マスターズレースに於ける年齢ハンデタイムの適用要領

oyajisculler2010-08-11

マスターズレースに於ける年齢ハンデタイムの適用要領に関して。東ボの役員に説明を行った。同じ事を他の団体から聞かれるかもしれないので、今回纏めた内容をここに掲載する。

ハンデタイム適用の具体的要領:

  1. 当該レースが行われる年の12月末日現在に於ける、漕手平均年齢(小数点以下切捨て)にて、下表によりハンデタイムを求める。(27歳未満はハンデ:0秒とする。)
  2. レース距離が1000m以外の場合は、USRowingハンデタイムに距離係数を掛けた値をハンデとして適用する。(例)500Mレースは0.5倍、2000Mレースの場合は2倍した値を適用する。
  3. 実際に計測したレースタイムから、年齢ハンデタイムを控除したネットタイムにて順位を決める。
  4. レース2回の合計タイムで順位を決定する場合は、2回共に同一メンバーで出漕しなければなければならない。(1回目と2回目を異なるメンバー構成で出漕した場合は、当該クルーは除外とする。)


任意のレース距離に応じた年齢ハンデタイムを試算できるエクセル表を作成したので、併せて添付する。
年齢ハンデタイム適用要領.xls 直